PC版Apex Legendsがラグい重い人必見!推奨スペックおすすめゲーミングPC

APEX スペック

バトルロワイヤルゲームのPC版Apex Legendsがめちゃくちゃ流行ってて僕も毎日プレイするぐらいめっちゃはまってます!
そんな中毒性の高いApex Legends(通称:AL)のスペック情報や重いときに軽くする設定をまとめてみました。

Apex Legendsの要求スペックって重いの?

Apex Legends必要動作環境

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
  • RAM: 6GB
  • GPU: NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
  • GPU RAM: 1GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

Apex Legends 推奨動作環境

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel i5 3570Tおよび同等品
  • メモリ: 8GB
  • GPU: Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
  • GPU RAM: 8GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

EA公式PC動作環境

これらのスペックを確認してみた感じ、僕の考えではCPU,メモリ,GPU(グファフィックボード)ともにそこまで高いスペックは要求していません。12,13万円以上のゲーミングPCであればサクサクプレイすることができそうです。

今後、更に要求の高いゲームも一緒にプレイしたいって場合はよりスペックの高いゲーミングPCが必要だけど、とにかくApex Legendsだけやりたい場合はそこそこのゲーミングPCを使っていればプレイ自体は問題ありません。

GPU

ゲーミングPCのグラフィックボード・ビデオカードはどれを選べばいいの?

2019年2月25日

僕のグラフィックボードGTX 1070Tiで構成したゲーミングPCではもちろんサクサクプレイできています。

Apex Legendsが重いをサクサク軽くする設定

僕の場合は以下の設定を無効または低にしています。グラフィックの設定を下げてもそこまで映像に違和感なくプレイできています。

  • 衝撃マーク: 無効 / 低 / 高
  • モデルディテール: 低 / 中 / 高
  • ラグドール: 低 / 中 / 高
  • スポットシャドウディテール: 無効 / 低 / 高 / 最高
  • サンシャドウ範囲: 低 / 高
  • サンシャドウ詳細 – 低 / 高
  • 垂直同期: 無効 / トリプルバッファ / 適応型 / 適応型(1/2レート)
  • 空間光: 無効 / 有効

Apex LegendsのゲーミングPCでおすすめおしえて!

まず、僕のゲーミングパソコンの構成はこれ

ガレリア ゲームマスター GX707T

ゲームパソコン(ゲーミングPC)
GALLERIA XT

  • OS:Windows10 64bit
  • グラボ:GeForce GTX1660Ti
リンクにあるような構成。
自分の予算的になんとか出せるギリギリのラインだった。このGPUは本当に安定していてゲームがクラッシュしたことがまだないほど。

ガレリア ゲームマスター GX70R8T

ゲームパソコン(ゲーミングPC)
ガレリア ゲームマスター GX70R8T

  • OS:Windows10 64bit
  • グラボ:GeForce RTX2080 Ti 11GB

ちょっとスペックも金額も規格外の値段で僕の場合はさすがに手が出せない。
上記のGPUはで次世代のグラフィックカードと言われている。
今後、長くいろんな高スペックを必要とするゲームをする人や予算が潤沢にある人なんかは良いはず。